千葉絵里の 「英語・コミュニケーション・通訳で幸せになろう!」ブログ

「言葉で人をつなぐ、心をつなぐ」コミュニケーター/リンギスト/英日会議通訳者/英語講師/コーチ/会議ファシリテーターのブログです。通訳者としての得意分野はプロフィールをご参照ください。

読書:『世界のエリートはなぜ「美意識を鍛えるのか」 経営における「アート」と「サイエンス」

いやはや、著者の圧倒的な読書量と、それを自在に引用しつつ論を展開する見識の高さに脱帽の1冊です。新書とは思えないほどの情報量があり、日本語の本を読むのが比較的速いはずの私もかなり時間をかけて読み終えました。Kindle版を読んでいたのですが、あまりに共感するところが多かったので、ハイライトを引きまくりだったのです。

 

著者の主張を非常にざっくりまとめると、「今日の世界は「VUCA」=「Volatility=不安定」「Uncertainty=不確実」「「Complexity=複雑」「Ambiguity=曖昧」という言葉で象徴される状況になっている。この状況に対し、従来の「サイエンス」=「分析」「論理」「理性」に軸足を置いた「サイエンス重視の意思決定」では経営の舵取りができない。だから「世界のエリートは美意識を鍛えるのだ」ということになろうかと思います。

 

「ソマティック・マーカー仮説」(ここで引用されているAntonio Damasioの”Descartes' Error"、買っているけどまだ読んでいないんだよな・・・)「意思決定における感情の重要性」「”偏差値は高いが美意識は低い”という人たち」「”悪とは、システムを無批判に受け入れること”」「鍵は”基準の内部化”」など、さっと目を通すだけでワクワクするような小見出しが並んでいます。

 

個人的に非常に面白かった指摘をひとつ引用。

 

私たち日本人の多くは、ビジネスにおける知的生産や意思決定において、「論理的」であり「理性的」であることを、「直感的」であり「感情的」であることよりも高く評価する傾向があります。この「論理的で理性的であることを高く評価する傾向」は、決してそれが「巧みである」ことを意味せず、むしろ私たち日本人が、権力者が作り出す空気に流されてなんとなく意思決定してしまう傾向が強いことへの反動で、一種の虚勢なのですが、この点についてはのちほどあらためて触れたいと思います(位置No.354-358)。

 

『失敗の本質』『「空気」の研究』に代表されるように、「日本人がその場を包む”空気”に流されて、しばしば非合理的な意思決定をしてしまうことを知って」(位置No.1015)いるが故に、過剰反応になっているのではないか、というのですね。だから、意思決定において、「アート」寄りではなく「サイエンス」「クラフト」志向の意思決定をしがちであるが、それが現代の混沌とした、先の読めない状況にはそぐわなくなってきていると。

 

非常に鋭い指摘だと思いました。そして、「論理的で理性的であることを高く評価する傾向」はあるが、それが「巧みであることを意味せず」というところがまさに正鵠を射た指摘と思います。

 

成人発達心理学に興味を持って学んできた身として非常に興味深かったのは、「真・善・美」の三つについて、「客観的な外部のモノサシ」だけではなく、「主観的な内部のモノサシ」を持つべきではないか、という問題提起でした。

 

最近自分の周りではちょっとしたブームになっている本に『ティール組織』という本がありますが、「価値の内面化」ができるという重要な発達段階の達成事項(これは、ティールっぽい言い方をすれば、オレンジ段階ですでにある程度は達成できるはず。もっと深い内省の能力はグリーンに到達しないと無理かと思いますが)に注目せず、「グリーン」や「ティール」に憧れるのは考え物だと思わされました。

 

とにかく読み甲斐のある、考えさせる本です。夏休みの読書にぜひお勧めします。