千葉絵里の 「英語・コミュニケーション・通訳で幸せになろう!」ブログ

「言葉で人をつなぐ、心をつなぐ」コミュニケーター/リンギスト/英日会議通訳者/英語講師/コーチ/会議ファシリテーターのブログです。通訳者としての得意分野はプロフィールをご参照ください。

日英の勉強法--リバース英作文+音読

日英の上達に頭を悩ませている人は多いと思う。自分でやってみて効果があったと思う学習方法で、受講生の方にも紹介して好評だったものを一つご紹介しようと思う。

 

用意するものは、日本語と英語が対訳になっている文章。ジャパンタイムスの社説集でもいいし、その他ニュースや演説を集めた本でもよい。ジャパン・ニュース(The Japan News)には数日遅れで読売新聞の社説が載るし、The Japan Times STオンラインにはストレート・ニュースの対訳がある。

 

手順としては次の通り。

 

  1. 英語から日本語へのサイトラを試してみる。
  2. 自分の訳出とテキストの日本語との違いを検討する。
  3. テキストの英語を何度か音読する。
  4. 日本語から英語へのサイトラを試みる。
  5. 自分の訳出とテキストの英語との違いを検討する。

 

日英の上達のために新聞記事のサイトラや訳出に取り組むケースは多いと思う。私も行っていた。でも、新聞記事は案外難しい。その時々でニュースになった幅広いトピックが扱われており、中には専門用語もあるため、調べ物に時間がかかるのだ。調べ物に時間がかかりすぎると、肝心の日本語→英語の訳出練習が十分できなくなってしまう。

 

そこで、用語を確認するのを兼ねて、英訳から日本語への訳出をまずやってしまう。ここでも、色々発見がある。訳出と日本語テキストを比べてみると、冗長さに違いがあると思う。日本語は漢語を適切に使うことで引き締まった表現ができることがわかる(ただし、通訳は耳で聞いて分かりやすいかどうかが大切なので、同音異義語の多い漢語はあまり使えない。通訳への準備運動としてサイトラを考えるという点では注意が要る)。

 

音読をするのは、重要語句を覚えるほか、英語的な文章の構成法ではどうなるのか確認する、ということを目的にしている。

 

この準備作業を行ってから、日→英のサイトラ・訳出を行ってみると、そうではない場合よりも比較的スムーズに訳出ができるのではないかと思う。もちろん、上達するにつれ、1.2.を飛ばしてもよいし、いきなり4.から始めてもいいと思う。

f:id:sunfish123:20170804070725p:plain

写真は、先日使用した例。特に専門性が高い文章ではないが、事実をよく整理して理解できていないと訳出が難しいところがあるし、情緒的な表現に戸惑う部分もある。「豊かな都市景観と潤いのある環境」は”impressive urban landscape and comfortable space“と訳されている。「豊かな」と言われるとつい”rich”という言葉をあててしまいたくなるが、巧みなワードチョイスだと思う。

 

日本語記事が原文でそれを英語に訳したものは、英語がオリジナルのものに比べると文章構成上の仕掛けが多い、華やかな名文というものは少ないだろう。語彙を増やせるにしても、英語で新たな語彙を仕入れるというよりも、上記のように日→英の訳語の選択として何が適切かを確認する場合が多いと思う。でも、日本人通訳者として日→英の訳出で目指すべきはまず事実関係を堅実に訳せることだろうと私は思うので、新聞記事の英訳は一つの目安になると思っている。